170年前の技術である湿板写真をデジタルファブリケーションを用いて再設計し、現代の湿板写真を作るプロジェクト。湿板写真は古典技法であるにも関わらず現代のデジタル写真と比較しても、それを凌駕するほどの解像度と質感を持ち合わせている。しかし古い機材の枯渇が深刻化し、このままでは技術や文化が途絶えてしまう危機にある。本プロジェクトでは当時の機材をそのまま再現するのではなく、現代の加工技術やニーズに最適化された形態に再設計し、湿板写真を取り囲むエコシステムそのものをリデザインすることを目的にしている。

Shippan Redesign Project    2020/6 - 現在開発中

企画・ディレクション / あかつき写房

デザイン・開発 / Ryo Kosaka
https://www.shippanredesign.com/